織物都市、トヨタは日本で未来の都市を構築しています

技術

テクノロジージムと未来の都市。 トヨタは、革新的なソリューションを採用する従業員用地であるウーブンシティの70ヘクタールの敷地を改造します。

自動車大手は、「グローバルビレッジ」という言葉にまったく新しい意味を与えたいと考えています。

日本の自動車大手のトヨタは、旧自動車工場の70ヘクタールの敷地を「未来のプロトタイプ都市」と呼ばれる 編まれた都市。 自動運転車、革新的な設計道路、新しいホームオートメーションテクノロジー、ロボット工学、その他のモビリティ製品をホストする現実の町になります。

住民? そこにフルタイムで住む実在の人々。 有名なデンマークの建築家ビャルケインゲルスによって設計される未来の都市は、最初に2000人の居住者を受け入れ、2021年に生き返ります。 豊田明夫 に発行されたトヨタのリリースでは CES2020.

未来の都市
もう一つの未来都市のイメージ

Bjarke Ingelsは、sui generis archistarです。彼は、世界貿易センターなどの建築作品のデザインを持っていますが、デンマークにレゴハウスを建てたことで(おそらく何よりも)選ばれました。 すべてのインフラストラクチャーの側面について考える「マイクロワールド」を作成する機能は、重要であったに違いありません。

言い換えれば、トヨタは新しい技術を小規模に実証したいだけでなく、 都市全体を開発する その都市と技術的基準によると。 どういうわけか都市計画の歴史を変える。

豊田は 編まれた都市、「絡み合った」都市、富士山の斜面にそびえる場所。

CESには、スマートカーを都市環境に接続する技術を売り込む企業が多数参加するが、「織り交ぜられた都市」は、これを実現するためにゼロから構築された最初の居住地となる。人、建物、車両はすべて統合センサーで接続されるようになるだろうと同氏は語った。 豊田.

未来の都市計画

ウーブン シティの都市技術プロジェクトには、いくつかのイノベーションが含まれます。まず交通面ですが、用途に応じて 3 種類の道路が存在します。トヨタのニュースリリースによると、1つは乗用車とトラック用、もう1つは低速車両と歩行者用、そして3つ目は歩行者専用となる。 3 つのタイプの街路が「絡み合い」(したがって Woven City という名前が付けられました)、調和のとれた流動的なファブリックを形成します。

明らかに輸送のために、トヨタはその自動電気自動車のe-Paletteのフリートを使用する予定です。 CES 2018で初めて見られたeパレット車両は、カーシェアリングからデリバリーサービスまで、機能に応じて交換可能に使用できるように設計されています。 トヨタによると、ゼロエミッションの自動運転車のみが都市の主要な動脈で許可されます。

ウーブンシティの住民は、家庭用ロボットと屋内センサーも入手し、それぞれ家の周りの基本的な作業を担当したり、健康状態を監視したりできるようになる。自動車メーカーは現在、在宅介護ロボットの製品ラインを開発中で、障害者や高齢者の家にプロトタイプを設置している。

すべての建物は、都市の二酸化炭素排出量を削減するために木で作られ、ソーラールーフと水素燃料電池の混合から生成されるエネルギーが使用されます。

トヨタは、従業員、その家族、退職したカップルをウーブンシティに投入する予定です。 自動車メーカーはまた、参加したいすべての企業にプロジェクトを開放しており、それらの企業の従業員でさえも引っ越すことができます。

研究、発見、発明を報告するため、 編集チームまでご連絡ください!

近未来と日常の事実

アルベルト・ロビアーティとジャンルカ・リッチョは、未来のシナリオ、つまり可能性のある明日を創造するために私たちが持つ機会、リスク、可能性を読者にガイドします。