交通

未分類

さようならパンク? 少なくともバイクでは!

何年もの間、定期的にすべての車両にチューブレス タイヤが提案されてきました。その採用は実現に向けて苦労しています (おそらく、この製品をより摩耗させて交換を早めるというメーカーの利益のためです。よく考えないと罪になります...

続きを読む

マン・カー・インターフェースの技術テスト

アルプス電気の白坂毅氏は、同社が「5~6年以内に人間と車のインターフェースを変える」という目標(原文のまま)で行っている研究の最新の進展を示した。 赤外線を多用するシステムです(ポジショニングブレーキに隣接する領域に配置された「球体」は...

続きを読む

ET3、陸上飛行:チューブでの速度。

プロジェクトの最終的な開発を達成するために資金とアイデアをプールしようとしている企業のコンソーシアムは、最近、ダヴィンチ研究所の年次イノベーション賞でこの発明を発表しました。 開発者の意図では、ET3 を介したトランスポートは、クリーンで、高速で、快適で、すべての人がアクセスできるようになります。 何について...

続きを読む

日産ロワーロア:10分で積載される車。

次の電気自動車革命は、世界を侵略しようとしている自動車のバッテリーを充電するのにかかる時間と同じくらい速くなるでしょう。 ガソリンの給油には XNUMX ~ XNUMX 分しかかかりませんが、現在は完了するまでに数時間かかります...

続きを読む

セスナが航空機用コンドームを開発

オーケー、それは本格的なコンドームではないかもしれませんが、コンセプトはそれに非常に近いものです: NASA はセスナに、航空機の修理を可能にする航空機の一種の「保護スキン」に取り組むまったく新しい契約を与えました。 「自分で」ダメージ....

続きを読む

磁気浮上、未来の列車

磁気浮上は、近い将来、世界の輸送における基礎のXNUMXつになるでしょう。簡単に実現するには、このような概念を見てください。 これは、部品間の摩擦を排除し、現在のシステムでは考えられない速度に到達し、距離を大幅に短縮できるシステムです...

続きを読む
34のページ34 1 ... 33 34

記事を提出するには、調査結果を開示するか、 科学的発見 編集スタッフに手紙を書く

アーカイブ >>