15の食肉・乳製品会社がEU全体で最も汚染物質のメタンを排出している

最近発表された調査によると、15 の主要産業が生み出す汚染メタンの排出量は、世界中のいくつかの国の排出量を上回っています。

Secondo una nuova ricerca, le emissioni inquinanti combinate di metano di 15 tra le più grandi aziende di carne e latticini del mondo equivalgono all’80% di quelle dell’intera Unione Europea (UE) e a più di quelle di Russia, Canada e Australia.

これらの 15 社を国に例えると、この文書によると、温室効果ガスの排出量で世界のトップ 10 に入るでしょう。

“Non possiamo continuare ad avere una manciata di aziende che controlla così tanti animali,” dice シェファリ・シャルマ, direttore dell’ufficio europeo della IATP che ha condotto la ricerca (ここであなたにリンクします).

Emissioni inquinanti, mega aziende nemiche dell’ecosistema

データはすでに膨大ですが、研究者たちは、汚染排出量の計算がさらに大きくなる可能性があることを指摘したいと考えています。 これら少数の大企業の透明性の欠如は、それらを測定することを困難にしています。 したがって、結果は、農業慣行と牛乳生産の入手可能なデータに基づく推定値です。

獣の排出

Un primo allarme, pubblicato lo scorso anno, rilevava che il bestiame, in particolare le mucche, era responsabile di circa un terzo delle emissioni di metano causate dall’uomo.

牛やヤギ、ヒツジなどの放牧動物は、げっぷをするときにメタンを生成します。 メタンは強力な温室効果ガスであるため、これは大きな問題です。 は 80倍熱く della CO2 nei suoi primi 20 anni nell’atmosfera.

Per questa sua breve emivita, secondo l’ONU tagliare le emissioni inquinanti di metano avrebbe un rapido impatto sul riscaldamento globale.

メタン汚染排出量

あなた自身の健康と地球の健康のために、より環境に優しいものを食べましょう

多くの科学者は、より植物性の高い食事への切り替えが気候危機への不可欠な対応であると宣言しています。

2018で l’Università di Oxford stimava この研究では 気候の崩壊を防ぐために、肉の消費を90%削減しなければならないだろう (e 癌のリスクを減らす). Nell’aprile 2022、国連の報告書はそれを明らかにしました:世界はより少ない肉を食べる必要があります. そして早急な対策が必要です 汚染メタン排出に対して。

Ciò nonostante, leader mondiali e opinione pubblica sono riluttanti ad accettare ciò che mette d’accordo enti internazionali, scienziati e 活動家: 私たちの食生活は持続不可能です。

研究、発見、発明を報告するため、 編集チームまでご連絡ください!

アルベルト・ロビアーティとジャンルカ・リッチョは、未来のシナリオ、つまり可能性のある明日を創造するために私たちが持つ機会、リスク、可能性を読者にガイドします。