考えてオブジェクトを移動しますか? 念力は技術の問題です

著者撮影
ジャンルカ・リッチョ

技術

考えてオブジェクトを移動しますか? 念力は技術の問題です

マインドコントロール(およびリアルタイム)のリモートおよびワイヤレスメタマテリアルに関する実験により、研究者は思考でオブジェクトを制御できるようになることに向けて驚異的な進歩を遂げています。

E viene subito in mente, a proposito di pensiero, la telecinesi. Lo spostamento degli oggetti con il pensiero è un “potere” che apparteneva al campo della fantascienza fino a qualche anno fa, ma oggi è entrato nel campo del possibile. Merito di un lavoro, quello sulle interfacce cervello-computer, iniziato addirittura 15 anni fa そして世界中の様々な研究所で続けられました。

脳のシグナル伝達技術とプログラム可能なメタサーフェス(PM)の開発を組み合わせることで、将来的にオブジェクトの動作や位置を変更できるようになります。 現在、これらのメタサーフェスのほとんどは配線されており、物理的にのみ操作できます。 そして明日?

技術的な念力、何が必要ですか?

思考によって制御されるメタサーフェス
無響室では、オペレーターは脳波モジュールを介して思考することにより、メタサーフェスのコーディング配列をリモートでチェックします。 テストは成功しました。

雑誌に掲載された新しい記事で eライト、教授が率いる科学者の合同チーム シャオボク、教授による 王嘉夫 人民解放軍空軍大学教授 チェン・ウェイ・チウ シンガポール国立大学は、メタマテリアルのリモートマインドコントロールに向けた第一歩を踏み出しました。 

彼らの記事「脳波を介してリモートでマインドコントロールされたメタサーフェス」(ここにリンクします)この目標を達成するための構造を提案します。

結論:著者は、ユーザーが、リモコンから放出される方法で、思考でメタサーフェスを制御し、脳波を拾い上げ、それらをインパルスとして使用できることを期待しています。 再定式化:Bluetoothを介して実際のリモコンに信号を送信します。

I test (prima simulati e poi reali) hanno dimostrato che le onde cerebrali dell’utente hanno avuto un impatto significativo, migliorando il controllo e la velocità dell’impulso. Se questo è il punto di partenza, lo spostamento degli oggetti con il pensiero sarà presto realtà…

…どこに着きますか?

前述のように、過去には人工知能やその他の高度な工学材料を含む念力実験がありました。 リモート制御されたメタサーフェスに基づくこの新しいアプローチは、まったく新しいものです。 

研究チームは、このメカニズムをインテリジェントなアルゴリズムと統合して、さらに改善しようとしています。 アプリケーションの最初のフィールド? 2030年までに、健康監視デバイス、スマートセンサー、そして…知っている人、おそらく「電子テレパシー」用の最初のイヤホンが登場するでしょう。

ヘッドセットをつけて、一言も言わずに隣のオフィスと話をします。 私たちの考えは彼の耳の中で言葉に翻訳され、逆もまた同様です。

映画ではありません。 それについて考えてください:それは実際に起こります。