Her0ゼロ、未来の飛行機には排出物がありません(そして美しいです)

Her0は、実践と美学を組み合わせたコンセプトです。 開発するのはエンジニアではなく、アビオニクス業界の注目を集めようとする折衷的な先見者です。 そして彼はそれをやった。

細身でエレガント、後ろにXNUMXつの長い翼が配置されており、環境への影響をほとんど考慮せずに惑星を横断するように構築されたガスを回転させるスーパージェットのように見えます。

効率、持続可能性、そして魅力に焦点を当てた電気旅客機のコンセプトがあります。 コンセプトはニューヨークのデザイナーの作品 ジョー・デュセットは、頻繁な短距離のビジネストラベルフライトからインスピレーションを得て、航空エンジンの典型的な排気ガスを発生させずに旅をすることができる何かを生み出しました。 Doucetの設計である「ゼロエミッション」のHer0 Zero航空機は、後方にある電気プロペラを使用して推力を提供し、大きな上向きのフィンで終わる翼が上昇します。

her0

Her0は、航空業界が 成長と環境への影響の問題を扱っています。

このHer0 Zeroプロジェクト、 ドゥーチェは言う、実用的および美的目的の両方を備えています。 彼によると、プロペラは信頼性が高く効率的です。 航空機はわずかに遅い(約20%)が、設計者はこれが短距離または中距離のフライトでは問題ではないと考えています。 倒立翼の設計に関しては、これは航空機のバランスを確保するためです-バッテリーが配置される場所であるので、重量のほとんどは航空機の後部になります。

Her0、実践と美学

美的に言えば、ドゥーセは航空機に「やや未来的な」外観を与えて航空業界の注目を集めたかったと語っています。 「フードの下で」しかし、意図はよく、深刻です。 ただし、発言と実行の間に…Doucetは自分を "デザイナー、起業家、発明家、クリエイティブディレクター"、 しかし、彼は航空エンジニアではなく、これは彼の航空業界への最初の進出です。

Ed è per questo che Her0, lo riconosce anche Doucet, potrebbe non vedere mai la luce del giorno. Ma l’obiettivo del progettista è anche aprire una conversazione, e se l’interesse per il suo progetto incoraggia i progressi verso gli aerei elettrici, lo considererà un successo. Allo stato attuale, è già stato avvicinato dagli ingegneri aeronautici, suggerendo miglioramenti e discutendo di potenziali collaborazioni.

何かが出てきたのかもしれません。 それは本当に美しいでしょう。

研究、発見、発明を報告するため、 編集チームまでご連絡ください!

アルベルト・ロビアーティとジャンルカ・リッチョは、未来のシナリオ、つまり可能性のある明日を創造するために私たちが持つ機会、リスク、可能性を読者にガイドします。