小惑星の最初の人工クレーター

リュウグウ

スペース

日本の宇宙探査機「はやぶさ2」は、小惑星上に人造のクレーターを初めて発見したという記録を主張している。 2年25月2019日、銅製の「弾丸」と実験天体リュウグウとの衝突。投稿内の画像は、探査機のカメラで撮影されたもので、表面への衝撃の影響を示しています(出典:神戸大学)。約XNUMXkmという撮影距離にもかかわらず、画像は非常に鮮明です。私たちは、次のような核爆発による(宇宙石にとって)壊滅的な影響からは程遠いです... すべて読む

シェア

研究、発見、発明を報告するため、 編集チームまでご連絡ください! Whatsapp で Futuro Prossimo をフォローしてください: 独占的なニュースと最新情報 (無料)。

同じトピックについて:

アーカイブ

最後